合わない入れ歯はボケの原因にも

様々な研究で、「噛むこと」と「ボケ」には関係があることが指摘されています。

よく噛むことで、頭部の筋肉が活発に動き、脳への血の流れも良くなります。すると脳に酸素と栄養が送られることになり、脳神経細胞も刺激されるのです。

 

しかし合わない入れ歯を作ってしまうと、「外れやすい・噛めない・痛い」といったストレスを抱えることになり、結果的に食事量が減ってしまう原因になります。

食事量が減れば、当然噛む回数が減ります。噛む回数が少なくなれば、脳を刺激する機会が減るので、ボケやすくなってしまうのです。

 

インプラントの人気に押され、入れ歯に強い歯科医と歯科技工士が減っているのが現実です。

入れ歯をご検討中の方、あるいは今の入れ歯があわなくて食事を楽しめていない方は、入れ歯を得意とする歯科医を慎重に選ぶようにしてください。

 

合わない入れ歯は、ボケ以外にも健康面での悪影響があります。詳しくはこちらのページをご参照ください

→合わない入れ歯は健康を害す