入れ歯は年齢による向き不向きはありません

インプラントの場合、アゴの骨に人工の歯を埋め込むことになりますので、埋め込むのに充分な「骨の厚さ」があるかどうかが重要になります。

 

高齢者の場合は特に、アゴの骨が痩せてしまっている方が少なくありません。インプラント治療を施すのに充分な骨の厚さがないために、治療ができないということもあるでしょう。

充分な骨の厚みがないのにもかかわらず無理にインプラントをしてしまい、顎の骨を突き抜け、上顎洞を傷つけてしまったという深刻な事故も報告されていますので、特に高齢者の方は要注意です。

 

しっかりとした骨の検査をする技量・設備がないのに、利益率が高いという理由でインプラントをやりたがる歯科医がいるのは、残念ながら事実です。

当サイトの、インプラントのメリット・デメリットのページや、インプラントの医療事故のページなど参照していただき、慎重に歯科医を選んでください。

 

一方、入れ歯の場合は、年齢によって治療の可否が変わることはありません。口の中がどのような状況であっても問題なく作ることができます

インプラントと同様、入れ歯制作の技量が低い歯科医はいますが、重大な医療事故が起こるようなことはまずありません。

 

前述のように、骨の厚さに不安がある高齢者であれば、インプラントよりも入れ歯で作るほうが良いでしょう。

若い人の場合は、まだ成長期を終えていない子供なら特に、インプラントは避けたほうが良いでしょう。骨格が成長しているのに、成長することのないインプラントを入れてしまうと、かみ合わせのバランスを悪くするからです。部分入れ歯などで対処することをおすすめします。