インプラント前の歯周病対策と、歯科医のモラル問題

インプラントにすれば、人工の歯ですから、多少歯磨きを怠ったとしても歯が溶けることはない、そのように考えてらっしゃる方がたまにいらっしゃいます。

しかし、それは大きな間違いです。

 

インプラントが天然歯と大きく違う点は、歯と骨の間に「歯根膜」と呼ばれる組織がないことです。

この歯根膜は、歯と骨の間にあって、骨の側に細菌が入り込むことを防いでくれます。

 

インプラントには歯根膜がないので、口のなかの細菌が、骨に入り込んできてしまうのです。

また、インプラントの表面には骨と結合しやすくするための微細な穴がたくさんあるのですが、その穴からも細菌が骨に侵入してしまいます。

 

骨が細菌に感染し、そのまま進行してしまうと、歯を支える骨が壊れてしまいます。

せっかく埋め込んだインプラントが、土台から壊れてしまうのです。

 

このような深刻な事態を招く大きな原因のひとつは、歯周病を治療せずにインプラントをしてしまうことです。

 

歯周病は、歯と歯茎の間に繁殖する細菌が引き起こしています。

つまり歯周病を治療していないということは、細菌が口の中に大量に発生している状態、ということです。

 

このような状態でインプラントをしてしまうと、前述のような、骨への感染・破壊へとつながってしまうのです。

 

これは、インプラントを施術する歯科医の側にも問題があります。

 

インプラントは手軽にお金を稼ぐことができます。

そのため、歯周病や虫歯の治療をいい加減のまま患者さんにインプラントを勧めるような、モラルの低い歯科医が実際にいます

 

もちろん真面目にやっている歯科医も多いのですが、この点にご注意の上、信頼できる歯科医にかかるようにしてください。