総入れ歯の費用

総入れ歯の費用は、保険が適用されれば約1万円ほどです。

 

ただし、保険が適用される入れ歯には様々な制限があります。

保険内で作る入れ歯は、味覚への敏感さが損なわれ、壊れやすいという欠点があります。

 

ずっと使用し続けていく入れ歯なのに1万円とは、「安い」と思った方は多いのではないでしょうか。

昔は、入れ歯を安く作るためおびただしい数が大量生産され、使われないまま廃棄され、保険財政を圧迫する原因のひとつにもなっていたほどでした。

しかしこのような大量生産品では、ひとりひとりにピッタリ合うもの製品にはならないことは自明でしょう。

 

自費負担の入れ歯なら、味覚も損なわず、装着感も良く壊れにくいものを作ることができます。

 

自費負担の総入れ歯の費用は、条件により様々なので一概には言えませんが、15万円〜50万円ほどの範囲に収まることが多いのではないでしょうか。

 

※なお保険で総入れ歯を作った場合、6ヶ月間は保険で入れ歯を作ることはできません。

 

入れ歯は作った終わりではなく、作った後にもメンテナンスが必要です。

加齢とともに口周辺の筋肉も変わりますし、入れ歯ではない歯(天然歯)の形も変わっていくので、1回作った入れ歯は少しずつ調整や修理をしながら使い続けることになります。

 

作成直後の入れ歯の調整・修理の費用は、当院の場合は無料でお受けしていますが、歯科医によっては有料のところもあります(むしろ、有料のところが多いでしょう。保険でつくる入れ歯の場合は、まず有料だとお考えください)。

 

調整・修理をしながら一生つきあうのが入れ歯。それに、もし合わない入れ歯を作ってしまった場合の、日々のストレスも大変なものがあります。

 

エアコンの掃除でも一回一万円、パソコンでも数年に一回交換して10万円以上が普通ですから、保険で安く作るよりも、メンテナンスにかかるお金や日々の快適さを考えると、自費負担の入れ歯を当院としてはおすすめいたします。

保険で作る入れ歯のデメリットについては、他のページでもご紹介いたします。